がん患者の両立支援を考える公開講座

11月18日(土)に「がん患者の『治療と仕事』の支援を考える」公開講座に参加しました。

桜井なおみ先生の基調講演「がん患者の就労の現状と今後の課題」のあと、両立支援の今後の課題についてパネルディスカッションがありました。

がんサバイバーの立場、医師の立場、企業の立場とそれぞれが抱える課題や、今後、どのように取り組んでいく必要があるかなど活発な交流がなされました。

この公開講座は「NPO法人いきいき和歌山がんサポート」さんが中心になって実施されていましたが、共催や後援などに和歌山県や和歌山県労働局、県立医科大学など多くの人々が協同されていました。ネットワークの強固さと充実を拝見し、大阪もこのように取り組んでいきたいと思いました。

つながりひろば

がん患者支援団体「つながりひろば」の活動を紹介しています。

0コメント

  • 1000 / 1000